2019年10月09日

誘惑・3








週明け、月曜日。
林田と一緒に「道の駅」で作業をしていたイツキは、帰り道、夕食に誘われる。


「国道沿いの餃子屋。羽根つきバリバリの。……ビールも大丈夫」


そう言われては、断れない。
良くも悪くも地方の店では、飲酒の年齢確認が緩い店もあり、この店も大丈夫なのだとか。
それでも一応、奥まった隅の席で林田が瓶ビールを頼み、イツキのグラスにこっそりと注ぐ。


「……って、林田さんだって、車…。帰り、運転は?」
「代行、頼むよ。さすがに運転は駄目っしょ」


そう言って笑う。笑って、イツキにビールを注ぎ、餃子を食べる。





色々。…本当にイロイロと事件に巻き込まれた林田は、ようやく、頭の整理がついたようで、イツキとも普通に話せるようになっていた。

エロくて可愛い男の子。でもヤバイ彼氏持ち。これ以上踏み込んではいけないけれど…、まあ、友達として距離を取るなら問題ないかな。と。


もっとも、その距離が取れず、みな苦労しているのだけど。




「……えっと……火、水、木、金…、あと4日でフェスタかぁ…」

指で数えながら林田が言う。イツキもこくこくと、頷く。

「あっちもこっちも忙しくて目が回りそうです…。当日って、林田さんも一緒に来てくれるんですか?」
「……会場にはいるけど、他にも担当してるブースがあって、…ハーバルに付きっ切りは出来ないんだよね」
「…ええー、そうなんですかー、うう…」



ビールのグラスに口を付けながら、恨みがましく、イツキが唸る。
そんな様子も可愛いと思い、イヤイヤイヤと慌てて、林田は雑念を振り払う。




posted by 白黒ぼたん at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
林田さん、頭の整理がついたつもりになっているけど、いっちゃんを目の前にすると、ダメでしょう
理性との格闘ですね
いっちゃん…罪作りな男
Posted by はるりん at 2019年10月10日 19:22
もはやどちらが誘惑されているのか

林田さんが気の毒でなりません・笑
Posted by ぼたん at 2019年10月11日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186664587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)