2019年10月11日

誘惑・4







「……俺んとこの会社で関係してるのがハーバルさんと…もう2つと…、あとレストラン部門もあって…、……オーガニックワインと地元食材のコラボメニューが……」

「レストラン!同じフェスタの会場で、あるんだ?」

「ああ。コラボメニューの試食がてら、行くよ?…一緒に行く?土曜日?」



口に頬張った餃子をビールで流して、林田はカバンの中から、そのレストランのリーフレットを取り出す。
お洒落な、イタリアン。フェスタ期間中はワインの飲み放題もあるらしく、思わず、目が釘付けになる。



「……でも、俺、土曜日は…、……一旦、こっち、戻って来るから……」
「そうなんだ? ミカちゃんなんかは、向こうで泊まるって言ってたけど」
「……うん。……俺は…、……土曜も日曜も…ぴゅー帰り……」



明らかに本意ではないらしく、イツキは不機嫌顔でビールを啜る。



「……そっか。まあ、帰れない距離じゃないしね。…都内のホテル代は馬鹿にならないもんね」
「………ん…」
「……それとも、……一緒に泊まる?……俺、ビジネスホテル、取るけど…」
「…ううん。……別に、泊まるトコが無い訳じゃないから……」



少し寂し気に視線を逸らせるイツキに、何か、のっぴきならない事情がある事は感じられたが、あえて、尋ねない。

おそらく、あのヤバイ恋人を含め、何か、問題があるのだろう。

イツキが言い出さない以上、林田はオトナの対応で、静観するだけとする。




イツキも、愚痴を零したいところだが、ここは我慢する。
我慢する代わりに、吹っ切る様にニコリと笑って、残りのビールを一気に飲み干した。





posted by 白黒ぼたん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186668222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)