2019年10月11日

誘惑・5






すっかり良い感じに出来上がり、餃子屋を出る。
店の外には頼んだ運転代行の車が停まっていて、イツキと林田はその車に乗り込む。
先にイツキの家。林田は、後。




「………林田さんは…、………いい人ですね…」
「……え?」
「……俺と、ちゃんと…、……接してくれる。……あんな事があったのに…」


後部座席に並んで座り、イツキは、酔っぱらったたどたどしい口調で、そう話す。
酩酊しているのか、何かの作戦なのか。ちらりと視線を寄越し、いつもの笑みを浮かべる。


「……そ、それは…、…イツキくんが、仕事、一生懸命頑張っているからだよ。……一緒に働く仲間としてさ、……フェスタも、成功させたいし……」
「……う…ん…」


イツキはどこか嬉しそうにこくんと頷き、ふふふと笑い、そのまま…、…眠気が限界という風に、林田の肩にもたれ掛かる。
茶色い、柔らかなイツキの髪の毛が、林田の鼻先をくすぐる。

白いうなじ、赤く色づく耳たぶ。
どれもあの、間違いを起こしてしまった日と同じ様子。



身体の奥がどくんと脈打つ。……これはマズイと自覚する。
……勃たせては、シャレにならない。……イツキに処理して貰う訳にもいかない。
……このままイツキの頭を押さえつけて、……膨れたズボンの中身を取り出し、口に突っ込んだらどれだけ……気持ち良いか……など



考えまいとするほど、その事だけが、頭の中をぐるぐると回る。





posted by 白黒ぼたん at 22:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
林田さんに対してなにか恨みでも
これは拷問ですww
Posted by はるりん at 2019年10月12日 07:01
ホントに。
いっちゃん、あかんわw
Posted by A at 2019年10月12日 20:12
はるりんさま
本当に拷問。生殺し。林田さん…お気の毒です…

Aさま
いっちゃんは自分がどれだけ垂れ流しか、解ってないんですわー
……それとも、解っててやってるのか!?
Posted by ぼたん at 2019年10月13日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186672224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)