2019年10月13日

誘惑・おわり







イツキには
無防備に林田を誘惑しているつもりは、さらさら無い。
途中、はっと目を覚まして、自分が林田の肩にもたれ掛かっているのに気づき、慌てて身体を離して照れ笑いなどを浮かべる。


林田も、自分の下心を見抜かれた気がして、照れ笑いを浮かべる。



「………お客さん、サンコーポが先ですか?次の信号、右?」
「……ああっ、はいはい、はい」



代行の運転手に声を掛けられ、林田の理性はギリギリの所で保たれたのだった。






林田に「ありがとう」と「おやすみなさい」を言い、イツキは自分のアパートに帰る。
うっかりまた簡単に、間違いを起こしそうになった事を、軽く反省する。

……つい先日、林田を部屋に連れ込もうとして、黒川に殴られたばかりだと言うのに……

「……まあ、今日は、マサヤ…、いないけどね……」

そう独り言ちて、笑う。
この場にいなくとも…、きっと…、今時分も自分のために何か奮闘してくれているのだと、そう信じることにする。



狭い風呂場でシャワーを浴びて、自分で自分を慰めて

鳴らないケータイを握りしめて、眠った。






posted by 白黒ぼたん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186678834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
記録・1 by はるりん (09/29)
夜伽話 by はるりん (09/27)
歓迎会・2 by ぼたん (09/25)
歓迎会・2 by はるりん (09/24)
歓迎会・2 by ぼたん (09/23)
歓迎会・2 by はるりん (09/23)
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)