2019年10月19日

人さらい







フェスタの準備が忙しく、イツキが仕事を終えたのはいつもより遅い時間。
日が暮れた夜道を、アパートに向かって足早に歩く。なんとなく、悪い予感がするのは、大抵、当たる。


イツキの脇を一台のタクシーが通り過ぎ、少し先で停車する。
ハザードがたかれたままの車から出て来たのは、松田だった。


「………よう」



親し気な笑みを浮かべる松田。
イツキは、一応、ぺこりと頭を下げると…少し、立ち止まり、それから意を決した様に足早に、松田の横をすり抜けようとする。


が、簡単に腕を掴まれてしまう。



「なになに、何、帰ろうとしてんのよ?」
「…………」
「ビックリしたなぁ…、まさか、こんな所で働いてるなんてね…」
「……離してください、俺、……帰んなきゃ…」


イツキは腕を振り、身体を反らし、さらに反対側の手で、自分の二の腕に食い込む松田の手を外そうとするのだが

それは全くと言って良いほど、ピクリともしない。

本気を出した男の力がどれほど強く、自分の自由を奪うか、イツキは身に染みて知っている。



「…ちょっと付き合えよ、いいだろう?……オシゴトの話も、あるかも知れないぜ?」
「無いです」
「…まあまあ。…とにかく、車、乗れや。……ずっと待たせちゃ、悪いだろう?」

「………やッ…」


有無を言わさず松田はイツキの手を引き、停められていたタクシーまで歩かせる。
イツキは引きずられながら松田の腕をグーで叩き、しゃがみ込んで抵抗しようとして…バランスを崩し、その隙にさらに身体を引かれてしまう。





posted by 白黒ぼたん at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おまわりさーん!黒川さーん!
人さらいですよー!
助けてー!
Posted by はるりん at 2019年10月20日 13:34
誰か助けてっ と思ったんですが…

逆に…ねー?
Posted by ぼたん at 2019年10月21日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186700743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)