2019年10月31日

考察








一際甲高い声でイツキは鳴き、身体を反らせ、息を止め、……イく。
松田は急ぎ、イツキの中から撤退する。

ここで終わってしまえば、後が楽しめない。中でイク、イツキとは違うのだ。




イツキは、
『…あ』とか『…う』とか、言葉にならない声を洩らし、身体をくねらせる。
余韻に浸っているのか、次が欲しいのか、しがみつくように松田の腕に手をやり、ぎゅっと掴む。




『………イツキ……』



名を、声に出して呼ぶ。
風呂屋でチョッカイを出したときには、まあ、どこかの店のウリの子だろうと…そんな位にしか思わなかった。

新宿で、そこそこ名の通る黒川興業のオンナだと解った時も、まあそうかと、頭の中で納得しただけだった。



頭で解ったつもりになるのと、この手で体感するのと、どれほどの違いがあるのか身に染みる。


染みすぎて、痛い。痛みは、新鮮な心地よさを伴う。





松田は身を屈め、息も絶え絶えなイツキにキスをする。
はじらいながら絡らまる舌に、また、騙されそうになる。
顔を上げ、イツキの身体を裏がえし、尻の膨らみに手をやって…


その真ん中に、今度は容赦なく、自身を突き立てるのだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186748643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)