2019年11月04日

得意技







「………もう、準備も完璧だからね、今日はお昼でお終い。
明日は5時出発だからね、ああ、アパートの前まで迎えに行くから…
…ミカちゃん、今日は遊びに行っちゃ駄目だからね! じゃ、お疲れ様」


そう社長に言われて、みな、作業を終える。
「オーガニックフェスタ」を明日に控え、すべきことは全て終えた。
荷物などはすでに発送済みで、後は明朝、無事に起きられるかどうか…だった。


「……イツキくん」


イツキが帰り支度をしていると小森が傍に寄って来て、小さな声で話しかける。


「……昨日、……あれから、大丈夫だった?」
「………え、……あ、……はい」
「…何か様子が変だったから…、……気になって……」


小森の心配は本心からのようだ。イツキの笑顔も、また本当のものだ。


「大丈夫です。……松田さん、ちょっと強引だったので…アレだったんですけど…、別に、何も…。……ちゃんとおウチに帰りましたよ」
「…そうなの?…良かった」


そう言って、小森はほっと胸を撫でおろし、部屋を出て行った。







勿論。
別に何も無かった、訳では無いが…。
まあ、…仕方の無かった事だし、…済んでしまった事だし…と
イツキの中では、踏ん切りが付いていた。

こういった事案を頭の中で整理し、納得させるのは、イツキの得意技。
……そうでもしないと、あの日々を、生きて行けはしなかった……。

セックスなど、穴を貸すだけ。
洗って戻せば、問題ない。

そう黒川が言うのを真に受けている訳ではないが
時には方便。役に立つ。







「なになになに?…イツキくん、昨日、なんかあったの?」


話を小耳に挟んだミカが、興味深々、イツキに詰め寄る。
イツキはまたニコリと笑って、「……なんにも、無いよ!」と答えるのだった。




posted by 白黒ぼたん at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
そうやって生きてこないといけなかった、いっちゃん…
そうやって自分の中で思い込まなければ、とっくにおかしくなっていましたよね
悲しい事に、いつの間にか、身に付けた術なんですよね
Posted by はるりん at 2019年11月05日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186767837
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
祭小話・9 by はるりん (01/19)
祭小話・2 by ぼたん (01/08)
祭小話・2 by はるりん (01/08)
番外「どこかのお正月」 by ぼたん (01/06)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by ふふ (01/04)
番外「どこかのお正月」 by はるりん (01/04)
フェスタ・終 by ぼたん (01/03)