2019年11月11日

フェスタ・3







林田が会場に姿を見せたのは、午後になってからだった。
林田の会社が関係しているブースは、ハーバルを入れて3つ。他にも挨拶に回らなければいけない場所があり、なかなか忙しいようだ。

差し入れにとペットボトルが入った袋を渡し、問題などが起きていないか確認する。



「……ハーバルさんは安定だよね。うん。夕方、もうワンピーク来そうだから頑張ってね」
「だったら林田さんも手伝って下さいよぅ」


ミカが泣き言を言う。
朝から立ち通し、しゃべり通し。ミカにすれば本当に良く仕事をしている。


「いや、俺、向こうの…「お茶の吉田」の手伝いに行かないと…。まるっきり、手が足りてなくて…。その代わり、終わったら皆でご飯に行こうよ」
「あっ、ワインのトコね?」
「そうそう、ここの最上階のレストラン。オーガニックワインと地元野菜のコラボメニュー。…試食会だから…なんとタダ!!」
「わぁ…!」



そんな約束をして、慌ただしく林田はどこかに消える。
ミカは俄然元気になり、その後の仕事に精を出す。
イツキも…とても興味があるのだけど…、…自分にそんな食事に行く時間があるのだろうかと…心配になる。

なにせ、今日の仕事が終わったら、また車で3時間かけて家に帰るのだ。




本当に?






「……イツキくん、ごめんなさい…。帰り、運転、無理そうなの…。
近くに泊まるトコ見つけたんだけど……和室にみんなで雑魚寝でも…いいかしら?」


イツキの杞憂を知ってか知らずか、
社長の奥方がそんな提案を持ちかけて来た。






posted by 白黒ぼたん at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
わあ、いっちゃん、帰らなくてもいいんだ!
これは…
Posted by はるりん at 2019年11月12日 07:30
これは…

ヤバイですよ!!笑
Posted by ぼたん at 2019年11月13日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186793801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)