2019年11月13日

フェスタ・4







「では、まだ明日も残ってるけど…とりあえず、お疲れさまっ」




土曜のイベントは何事もなく終わり、イツキとミカ、そして林田は、最上階のレストランへ向かう。
オーガニックワインの飲み放題が付いた、スペシャルコース。

最初の乾杯だけはビールを貰い、後はお勧めのワインをデカンタで貰う。
林田はもっともらしくグラスに鼻を近づけ、テイスティングの振りをして、みんなで笑う。



結局、イツキは、今日はこちらに残ることにした。

こちら…で、勿論……寝る場所は…、……いくつか心当たりもあるのだが……、社長の奥方の提案に乗ることにした。
奥方が急遽見つけた下町の旅館は、学生が合宿などで使うような素朴な場所だったが、むしろ気楽で良いかも知れない。

社長夫婦は他所で食事を済ませ、後で、宿で合流する話になっていた。



「でも良かったよ、イツキくん、その方が絶対、休めるしさ」


林田はそう言い、グラスにワインのお替りを注ぐ。


「…あーあ。あたしも、そっちで一緒にすれば良かった。なんだか、楽しそう」


ミカはそう言い、運ばれて来たオードブルを口に入れた。



イツキはふふ、と微笑みながら…、……それでも、ここまで来て「自分の部屋」に帰れないのは…寂しいと感じていた。
さらに…心配なのは…

夕方からイツキのケータイが、電池切れになっている事だった。






posted by 白黒ぼたん at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186797928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)