2019年11月18日

フェスタ・8







「………あ、ハイ。……すみません。……こっちの…知り合いの所に泊めて貰うので大丈夫です。……はい。……明日、8時集合ですね、了解です」







結局、イツキは黒川と一緒に、部屋に戻って来てしまった。
無理を言って路上に待たせていたタクシーには、金を払って帰って貰う。
内心、まだ怒られるのではないかと思うイツキは少し、身を強張らせる。

「……まあ、来ちまったものは…、仕方ないだろう…」

黒川は、そんなイツキを見て、軽く鼻で笑った。






宿泊先で待っているだろう社長夫妻に連絡を入れて、ようやくイツキは一息つく。
ソファに座る黒川の隣りに座り、今日の出来事などをざっと説明する。


「……ちょっと、ワイン…飲んで来たんだ。…フェスタの会場の上に…」
「…ああ、一ノ宮が言っていたな。……オーガニックワインか、……ふぅん」


黒川はビールを飲みながら、ほろ酔いのイツキの肩を抱き寄せる。
『今回、都内で、イツキとは接触しない』と
自分で言っていたくせにこの有様かと、苦笑する。


どだい、無理な話なのだ。
引き合う力が強すぎる。




「……来ちゃ、駄目って…言われてたのに。……ごめんなさい」
「…………いや」
「やっぱり、マサヤに会いたかったのかな……、俺」
「……ああ…」




『…俺もだ』


黒川の言葉の続きが、イツキにだけは、聞こえた。





posted by 白黒ぼたん at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
色々な危険もあるでしょうが、ものすごく好きな者同士が我慢するなんて…
素直になって下さい〜
Posted by はるりん at 2019年11月19日 07:12
お互いもう、限界っぽいですよね。
早期決着、望みます!
Posted by ぼたん at 2019年11月20日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186820017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)