2019年11月20日

フェスタ・9







「………あの、馬鹿…」



早朝。イツキは黒川が眠っている間に部屋を出て行ったようだ。
黒川は傍らの冷たい枕に手を伸ばし、悪態を付く。
ここに来てしまったのは仕方がないにしろ…無防備に一人で出歩くのを許した訳ではない。

まあ、最近は笠原に目立った動きもない。おそらく問題は無いと思うのだが…。



「………ふん」


心配か、それとも呆れてなのか、…寂しいのか。黒川は短く鼻息を鳴らした。









あれだけ激しい行為をして、よく寝坊をしなかったと、イツキは自分で自分を褒めていた。
震えるだけのアラームで目を覚まし、隣の黒川を起こさないように、そっと抜け出し、部屋を後にした。

もう少し、ここにいたかったのだけど。


離れている間、何度か黒川と会う機会もあったが
やはり、本当の、自分たちの部屋で…するのは、……格別だった。
二人の部屋、二人の空間。今まで過ごしてきた、二人の時間。
それがどれほど、当たり前の事で、自分の身に染みついているか、改めて思い知らされる。



「………やっぱり、………帰りたいな……」


イツキは小さく呟いて、少し苦しい胸を抑えて、今日のフェスタへと向かうのだった。






posted by 白黒ぼたん at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
夜の事は、サラリと終わりましたね…
やっぱり帰りたいよね
色々と問題はありますが、
そろそろ帰してあげて〜
Posted by はるりん at 2019年11月21日 19:40
夜の事を書くと
話が長くなるのでw

そうですよねー
そろそろ、帰りたいですよねー
Posted by ぼたん at 2019年11月21日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186827000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)