2019年11月21日

フェスタ・10







フェスタ二日目。

イツキはきちんと時間通り会場に入り、社長夫妻と準備を進める。
家に幼い子供がいる小森は、今日は不在。
人数が減り、忙しいことは解っているのに…、ミカは、30分の遅刻。
『寝坊しちゃった』と舌をぺろりと出し、急いで支度に取り掛かる。


実は、ミカは、昨晩、林田と過ごしていた。
以前から好意を寄せていた相手に、酒の力と旅先の高揚感が手伝ったとは言え、ようやく思いを伝えたらしい。

少し、手が空くと、何かを思い出し…幸せそうに微笑み、…そうかと思うと…憂いを帯びた溜息を、肩から、つく。


そして、それは、イツキも同じで、気付くと二人とも同じような顔で、仕事の手を止めぼんやりとしていた。


「どうしたの?ミカちゃん、イツキくん! もう疲れちゃった? はいはい!頑張って!」



社長夫人はそう鼓舞して、二人の前に商品の入った段ボールを置くのだった。








そうやって
皆、それぞれ、自分の仕事をこなし
フェスタは盛況の内に閉幕となる。

最後の商品を手渡した時など
イツキはうっかり、泣きそうになってしまった。



自分に、こんな仕事が出来るとは、今まで自分も含め誰も知らなかった。
きちんと働き、人の役に立てる。「ありがとう」と言われる。


それがこんなにも嬉しい事だと、イツキは、初めて知ったのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃん、学生の頃からあの道一筋で、世間一般で言う普通のお仕事、したことなかったですもんね
それを思うと可哀想な子だなぁ
Posted by はるりん at 2019年11月22日 07:19
ここに来てイロイロ
勉強しているみたいです。

普通の子に、なれるのかな?
Posted by ぼたん at 2019年11月23日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186830606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)