2019年11月22日

フェスタ・11







「お疲れさまっっ」




無事、フェスタも終わり。
会場近くのちょっとした飲食店で、夕食会が行われていた。
ハーバルの社長夫妻、ミカ、イツキ。フェスタに参加していた「お茶の吉田」の従業員。
他、見慣れない4,5名と林田。……そして、名目、世話役の松田。


もっとも松田は、自分が場違いな事を承知しているのだろう。
少し外れた席で、静かに微笑むのみ。イツキは、小さく、ぺこりと頭を下げる。




「いやー、良かったよね!…ぶっちゃけ、こんなにお客さんが来てくれると思わなかったですよ、俺は!…良かったですよ!!」
「………林田さん、もう、飲んでる?」
「飲んでないっす!嬉しいんです、俺は!!…地場産業が盛り上がるって、イイコトですよ!ハーバルさんも、吉田さんも!あと…えーと…「絹塚和装」も!…俺、あのショールが当たるとは夢にも思わなかったです!!」
「はいはいはいはい」



最初からテンションが高めの林田。

フェスタの成功が余程嬉しかったのか、それとも、他に忘れたいことがあるのか。
乾杯から強い酒を煽り、とにかく、場を盛り上げる。




「いやッ、でもハーバルさんは本当に反応が良かったです。デパート側から常設ブースの提案もありましたよ?これを機に、都内進出も……」
「いやいやいや」


林田は、ハーバルの社長に日本酒を注ぎながら、そう言う。
老社長はまんざらでもない様子。隣で、この後車で家まで送り届ける奥方が苦笑いを浮かべる。

イツキもミカも、後は、車で送ってもらうだけ。
若干、気の抜けた様子で、一緒くたに酒を飲む。




「………ね、ねえ、イツキくん?」
「ん?…フェスタ、人が一杯でしたね、俺、こんなに混むと思わなかったです」
「………じゃなくてさー、……ふふ。……やっぱり、都内は、イイよねー…」



ミカが笑う。……イツキもつられて笑う。
ミカは、林田との一夜をイツキに話したくてうずうずしているのだが…なかなかその機会は訪れない。




まあ、イツキは
グループの外で静かに、一人酒を飲む松田が気になって、…ミカの話しどころではないのだけれど。





posted by 白黒ぼたん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186833878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)