2019年11月23日

フェスタ・12







「へー…、ショールって…絹なんですかー?……わー、さらさら…。これ、欲しいですーっっ」




今更、地元から一緒に出品していた商品をミカが褒めちぎったあたり。
すでに場はそこそこ酔いつぶれ、良い感じに出来上がっていた。

車で送る係の奥方などは、そろそろお開きにならないかしらと、心配顔。



「……ね、ね、イツキくんは、昨日、どこに泊まったの?」
「………えーと……」


泥酔したミカが尋ねる。イツキは苦笑いを浮かべる。林田は、聞こえているけど聞こえないふりを決め込む。
離れた席に座る松田が、ニヤニヤと笑う。

笑っているだけなら、普通の、どこかの俳優にでも似た良い男だと…イツキは思う。
イツキは松田を見て、ニコリと笑う、松田も、笑う。


林田は、その二人の柔らかな笑みを見て、少し、不思議な顔をする。
イツキは松田はいつの間に、こんなに親し気になったのだろうか。






しばらくすると松田がグラスを持って、イツキの隣りに席を移して来た。


「……フェスタ、お疲れ、イツキくん。無事に終わって何より。俺の出番は無かったなぁ…」
「そうですね。その方が、良いのでしょ?」
「ふふ。……で?……イツキくんは夕べは……黒川さんとお泊りだったのかな?」


そう尋ねるとイツキは肩をすぼめ、照れ臭そうに嬉しそうに微笑む。
つい、2,3日前に自分とセックスした少年の、初心な姿に、松田は少し驚いた。




posted by 白黒ぼたん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186837586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)