2019年11月27日

フェスタ・15








様子を伺っていた松田は怪訝な表情を浮かべる。

イツキとの話を思い出す。

こちらでトラブルを抱えている為、身を隠している事。
本当は帰ってはいけない部屋に、昨夜、こっそり帰ってしまった事。
黒川とはその時に会っている。それが、今日また、こんな場所に現れるものだろうか。


それは違うと、経験で、解る。





「…ああ。イツキくん、そんな事、言ってたかな…。いや、実は俺、ちょっと知り合いでね、その…イツキくんの………と。

…後は俺が面倒見ますよ。まあ、もともと、こっちの子だし。大丈夫でしょ。
久しぶりの都内で、タカが外れたかな…ハハ」


冗談めかして松田がそう言うと、社長夫妻は申し訳ないという風に頭を下げる。
ミカは、まだ、戸惑っている様子。
林田は「…じゃあ、俺も残ります」と食い下がるも、松田にジロリと睨まれる。



「……いいから。素人は帰れ」



邪魔者を追い払うようにそう言う松田は、林田が初めて見る「男」の顔だった。








「………さてと。………どうしたものかね…」


あたりに人がいなくなってから、松田は一つ、溜息をつく。
別に松田が面倒を見る義理はないのだけど、放っておくほど、知らぬ仲でもない。






posted by 白黒ぼたん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186854816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)