2019年12月03日

フェスタ・18







イツキが大人しく、男と一緒に車に乗ったのには理由があった。
一つは、すでに腕を掴まれ、口を塞がれ、自由が効かなくなっていたことと
もう一つは、首筋に、鋭利な刃物を押し当てられたからだった。



「はは。まさか。切る訳ないでしょ?。……一応ね、脅しの定番ってヤツだよ」

後部座席。イツキの隣りに座る男は、どこか楽し気にそう言う。






「………どうするつもりなんですか…、……笠原さん」

突然、自分の前に現れた笠原に、そう尋ねる。
声を出して初めてイツキは、自分の喉がカラカラに乾いていることに気付く。

「…うん?…ちょっとお喋りしたいだけだよ。……色々、聞きたいこともあるしね」
「…なんで…、俺が…あそこにいるって…、……知って……」
「…ハハ。イツキくん、行方知れずだ何だと言っても、黒川とは会うんだろうなっ…てね。……ビンゴだったよ」



話は簡単で。
笠原は、常に黒川の周辺を見張らせていたのだった。
夕べ、イツキがマンションに立ち寄った時に存在がバレてしまった。
朝方、マンションを出て、一人でタクシーに乗ったのも尾行され……居場所を特定されてしまう。

フェスタで働いている最中からずっと、イツキが一人になる機会を伺っていた。


「…それにしても、デパートの売り子さんとは…驚いたな。 何?売り物は、自分の身体?」


馬鹿にしたように笠原はくすくすと笑う。
イツキはちらりと横目で睨み、ふいと窓の外を向き
どう…対処するのが正解なのかを…考える。



黒川に、助けに来て欲しい……けれど
言いつけを破って、マンションに帰ってしまった自分が悪いのだと

唇を、噛みしめた。






posted by 白黒ぼたん at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃんピンチ!
笠原、いっちゃんにご執心ですからね
黒川さーん!
Posted by はるりん at 2019年12月03日 17:56
はいはいはい。
黒川、今から行きますよー!
Posted by ぼたん at 2019年12月03日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186875091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)
避難 by はるりん (03/27)
フリ by ふふ (03/25)
受難 by ぼたん (03/23)
受難 by はるりん (03/23)
受難 by ふふ (03/23)
チャージ中 by ぼたん (03/22)