2019年12月05日

フェスタ・20







強引にこじ開けた唇に笠原は侵入し、辺りを舐めたり吸ったり、噛んだり。
それでも意外とあっさり後退し、唇を離す。

嫌がる、イツキの様子を、楽しんでいるようだった。

イツキは濡れた唇を手の甲で拭い、また窓の方に寄って、笠原を睨む。



「…そのカラダで、ずい分、荒稼ぎしたんでしょ?…光州の高見沢さんが悔しがっていたよ?惜しいコト、したって…」
「……全部、終わってます。もう、俺、関係ないハズです…」
「そんなイイ金ズルに、仕事…させなくなったのは…、……キミの事、好きになったからかな…、黒川が」


多少、アルコールの残るイツキの頭。
のらり、くらりと続く会話。
笠原はたまに手を伸ばし、イツキの身体を軽く触る。
何に気を付ければ良いのか、解らなくなる。気が散る。


「……好き、とか……、そんなんじゃ…、ない……です…」
「そう?それにしちゃぁ、ご執心じゃない。……未成年の売り子にさ…」
「………俺、マサヤにお金、借りていたので…。それの返済が済んだってことじゃ…ないですか……」
「それなら尚更、イツキくんはもう、自由って事だよね?」




車は一向に目的地に着かず、こんな時間がどれだけ続いたのか解らない。
もしかすると最初からこの時間を作りたかっただけで、目的地など無いのかも知れない。

イツキが答えに困ると、笠原はニヤニヤと笑う。




「イツキくんは、なんで、黒川の傍にいるの?……あんなに、酷い事、されたのにさ」





笠原のケータイが鳴る。
笠原はスーツの内ポケットからケータイを出すと、ディスプレイに浮かぶ名前を見て、顔を顰める。


電話の相手は、黒川だった。




posted by 白黒ぼたん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186885363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
祭小話・9 by はるりん (01/19)
祭小話・2 by ぼたん (01/08)
祭小話・2 by はるりん (01/08)
番外「どこかのお正月」 by ぼたん (01/06)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by ふふ (01/04)
番外「どこかのお正月」 by はるりん (01/04)
フェスタ・終 by ぼたん (01/03)