2019年12月15日

フェスタ・27







『人のオモチャが欲しい子供と、一緒』


そんな事を言われて、今度は笠原が、イツキの目の奥を見つめる。
怖がり怯え、身を固くしていたくせに、…いけしゃあしゃあと、気に障る事を言う。
生意気な子供だと、笠原は厳しく睨む。空気が変わった事に気付いたイツキは、ひとつ、息を飲む。
それでも臆さない芯の強さが、滲む。



「……こんな、……回りくどい、面倒臭いコト…しないで……、オモチャ、貸して欲しい時は、貸して下さいって…お願いするんですよ」
「……へえ。お願いしたら、貸してくれるの?」
「…いいですよ…」




強気に出たイツキには、勝算があった訳ではない。
ただ、もう、本当に、このやりとりが嫌になっていたのだ。
警戒し、身を潜める生活も、薄ら笑みを浮かべ、のらりくらりとやり過ごす様も。何もかも。

体当たりで身を崩してでも、この状況を、どうにか変えたかった。






「身体ぐらい、貸してあげます。……まあ、どうしたって…マサヤの、だけど。
笠原さんは、……人のオモチャで遊ぶぐらいしか……、出来ないんですもんね」


「……ハァ?」





さすがに言い過ぎたか。

笠原はイツキの胸倉を掴み締め上げる。さらに身体と顔を近づけ威嚇する。





posted by 白黒ぼたん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186923234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)