2019年12月16日

フェスタ・28







「…解ってねぇな、イツキ。…出方一つで、黒川がパクられるんだぜ?…もう少し、口の利き方に気を……」
「好きに…すれば…いい……」


首元を締め上げられ息も絶え絶えのイツキは、それでも気丈に笠原を睨む。




「……どうしたって、笠原さんが…落ちるだけ…だよ。同じ仕事の人…売って……、そこまでして、俺を…、他人のオモチャを横取りしたいって…ことでしょ?
笠原さんは、…その程度の男だったって、…みんなが思うだけ…だ…よ…」




イツキの言葉を黙って聞いていた笠原は、ただただ眼光険しく、そのまま、イツキを絞め殺してしまいそうな様子。
実際、首に掛けられた手に、少し、力が入る。





「………は。……よく喋る、オモチャだ…」





しばらくして、その手は解かる。笠原は自嘲気味に笑い、イツキと少し距離を取り、元の窓側に座り直す。

窓ガラスをコツコツと叩くと、車の外で待機していた男が、運転席に戻って来る。

「…出せ。……例の場所だ」と、笠原が男に告げると、男はエンジンを掛け、車を発進させる。

窓は、また、黒いフィルムで覆われ、あたりの景色は見えなくなってしまう。




「…まあね。そこまでオオゴトにする気はないよ。大人しく、イツキくんが付いて来てくれればいいよ。…お願いすれば、貸してくれるんだったね。

俺と、組の若い衆とで…楽しませてもらうよ。ちょっと痛いかもしれないけど。

……いい薬もある。全部ブッ飛んで、気持ち良くなるよ。……もう、戻れなくなっちゃうけど……、ハハハ」






posted by 白黒ぼたん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186926552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)