2019年12月25日

フェスタ・36







『……少し、……怒り過ぎ……』
とでも思ったか、イツキは黒川の後ろで小さく黒川の腕を引いてみるのだが…まあその程度。
本当は、嬉しさが勝っていただろう。自分のために黒川がこれほど感情を露わにしているのだ。


黒川は、


ようやく、笠原を離す。暫く胸元を絞められていた笠原は、咳き込みながら後ろによろけ、すぐ脇に、運転手の男が駆け寄る。
『……テメェ…』と、男は再度、黒川に食って掛かろうとするも
……止めろ、と、笠原が手で制する。



「……戦争か。……悪か、ねぇけど…、今は止めておくか…。……その子が絡むと、あんたが熱くなり過ぎることは、解ったからな……」

「賢明だな。ちょっとはマトモな頭が残っているようだな」

「………クソ。付け入る隙がありゃ、貰っちまおうと思ったんだがな。……もう、面倒臭せぇわ……」




負け惜しみのつもりか笠原はそう言い、ヒラヒラと手を振る。
これで本当にお終いにする気なのか……

……それにしては…後ろで控えていた店の黒服が、どこぞから鉄パイプなどを見付け、上段に構える。


それが振り下ろされる直前に、黒川はその男の腹に一発、回し蹴りを入れた。







後は退散とばかり、黒川はイツキの手を引き駆け出す。すぐ目の前にはタクシーが止まる。
もちろんそれは偶然ではなく、助手席には松田が座っていた。
二人が乗り込むと、すぐに車は発車する。






「……なんだよ、正面切って喧嘩はしないんじゃなかったのかよ…、アブねーな……」


笠原たちが追ってくるのではないかと、松田は後ろを振り返る。

後部座席ではイツキが、黒川の首にぶら下がる様にしてしがみついていた。







posted by 白黒ぼたん at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
黒川がかっこいい!
いっちゃん、こんなに、黒川から想われてるってわかりましたね
嬉しいです
Posted by はるりん at 2019年12月26日 05:59
黒川って案外、ムキになりやすくて
手が出る男なんですよねーw
Posted by ぼたん at 2019年12月26日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186958857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)
避難 by はるりん (03/27)
フリ by ふふ (03/25)
受難 by ぼたん (03/23)
受難 by はるりん (03/23)
受難 by ふふ (03/23)
チャージ中 by ぼたん (03/22)