2020年01月14日

祭小話・6







『イツキは、ウワバミだ』は、黒川の口癖だった。
何でものみ込むデカい蛇。大酒飲みの俗語でもあるのだがとにかく、手当たり次第に丸呑みしていく様子が
イツキの、貪欲に男を咥える姿と、被るらしい。

潤滑剤を塗った指は、するすると中に入る。突き当りが無いのが、困る。
痛みは無いのか、あってもそれが良いのか、イツキは甘ったるい鼻息を鳴らして身をくねらせる。

もの言いたげに見上げる目。
こんなものでは足りないと、拗ねる様に唇を尖らせる。

焦らせるつもりが、ただただ、煽られる。
こっちのペースもタイミングもお構いなし。欲しがり過ぎて、すべてを、丸呑みにしてしまう。


一体、どう仕込めば、こんなカラダになるんだよ……と、黒川は内心、思っていた。








フェスタ二日目の朝。
音が出ない設定のアラームが静かに震え、イツキは目を覚ます。
隣りには黒川が寝ていて、イツキは、次のアラームが鳴るまでの間その寝顔を見つめる。

愛しい、という感じではないのだけど。
ここが、自分の場所、という感じはする。
それは多分、お互いが思っていることで
黒川も目が覚めては、きっと、引き止められてしまう。


「……行って来ます。……またね、マサヤ…」


キスをするように黒川の額に、顔を近づけ、そう呟いて、イツキはベッドから起き上がる。



とりあえず、フェスタ。自分に与えられた自分の仕事をしっかりこなそうと、イツキは思った。







posted by 白黒ぼたん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187035533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
祭小話・9 by はるりん (01/19)
祭小話・2 by ぼたん (01/08)
祭小話・2 by はるりん (01/08)
番外「どこかのお正月」 by ぼたん (01/06)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by クッキー (01/05)
番外「どこかのお正月」 by ふふ (01/04)
番外「どこかのお正月」 by はるりん (01/04)
フェスタ・終 by ぼたん (01/03)