2020年01月17日

祭小話・9







少し意地悪をして、からかう位のつもりだった。
イツキを自分のものにする事が本当の目的なら、拉致してすぐに、決して追えない場所に連れ込めば良いのだ。
脅しで語ったように、若い衆に乱暴させ、二度と表に出られない程ぐちゃぐちゃに…、身も心も傷つき壊れ、抵抗の意志すら湧かないほど虐げ
最後に自分に傅かせてもいい。その様子を黒川に見せれば、さぞ滑稽だろう。

けれどそれが目的では無かった。



お喋りを楽しむために回り道をして、「フェリーチェ」に向かう。
喉が張り付く程乾いているイツキに、何か、冷たいものを飲ませてやってもいい。
多少の嫌がらせは、今までの確執にくらべれば、可愛いものだろう。
後は黒川を迎えに来させてもいい。
すべて冗談めかして、この茶番を幕引きにしよう。




誤算だったのは、意外に早くコトが露見し、足が付いてしまった事。


黒川が激怒し、手を挙げた事だった。







「……カシラ。このまま黙って返しちまって良いんですか?……奥に、若い奴ら、控えさせてます、…一気に叩いて潰しちまっても……」
「……いや、いい、いい。……先に手ぇ出したのは俺だからな…。…ハハ。……もう、あいつに関わるのは面倒臭ぇわ……」


獲物を奪い返されたというのに、あっさりと身を引く笠原を、部下たちは訝しんだが




笠原の中で、とうに、祭りは終わっていたのだった。










無理やりタイトル回収…笑
posted by 白黒ぼたん at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
笠原、もういっちゃんに手を出すことはないのですね!
良かった!
Posted by はるりん at 2020年01月19日 09:00
いい加減、無駄な足掻きと解ってくれたと思います。
いっちゃん、黒川の元に戻れるかな?
Posted by ぼたん at 2020年01月20日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187048060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)