2020年01月31日

佐野








佐野がイツキの居場所を知ったのは偶然だった。


イツキが姿を消して2ヶ月。
西崎や他の連中は面白がって、イツキは黒川の元から逃げ出しただの何だと話していたが、そんなハズはなく
何か理由があって、黒川がそうさせているのだろう、とは思っていた。

その原因か、池袋の嶋本組と少し揉めていたようだが…それもようやくカタが付いたようで…
以前とは黒川の事務所の空気が違う。ピリピリした緊張感はなく、どことなく、穏やかな雰囲気になっていた。



佐野は西崎のつかいで黒川の事務所に出向き、そのままそこで、書類の細かな作業を手伝う。
ソファに座り、テーブルに伝票や領収書を広げ、慣れない電卓などを叩く。



「……いや、週末は駄目だ。……向こうに行く……」
「…日帰り、………では、無いですよねぇ…。……ハァ、そうですか」


デスクの方では黒川と一ノ宮が別の仕事をしつつ、予定の確認をしているようだった。
佐野は聞くとはなしに耳をそばだてる。


「……ああ、送るつもりの荷物が、イツキくんの………持って行きますか?」
「………いや。宅配便でいいだろう。……タクシーで行くからな……」





佐野の耳は敏感に「イツキ」の名前を拾う。

そして、散らかった伝票を片付けるフリをしながら、デスクの脇に置かれていた段ボール箱の、送り状の住所を、コッソリ盗み見するのだった。







posted by 白黒ぼたん at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
わあ佐野っち、お久しぶりです〜
いっちゃんに会いたいよね!
Posted by はるりん at 2020年01月31日 19:57
会いたさ過ぎて暴走しそうです。笑
Posted by ぼたん at 2020年02月03日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187102416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・9 by ぼたん (07/10)
バカンス・7 by ぼたん (07/10)
バカンス・9 by はるりん (07/09)
バカンス・7 by はるりん (07/07)
バカンス・5 by ぼたん (07/03)
バカンス・5 by はるりん (07/03)
バカンス・4 by ぼたん (07/02)
バカンス・4 by はるりん (07/01)
バカンス・3 by ぼたん (06/30)
バカンス・3 by はるりん (06/30)