2020年02月13日

一週間・2







一週間前。
つまりは、黒川がイツキの元を訪れた週末明け。

イツキは普通にハーバルに出社し、真面目に仕事をこなし、一段落ついた頃
社長に、チョイチョイと手招きされる。



「……はい?」
「ちょっと、話があるんだけど」


奥の部屋で二人きり、改まって切り出された話は……
フェスタが終わり、ありがたい事に注文が増え、仕事量が増えた事。
それに伴い、新たに社員を入れる予定がある事。


「……知り合いのトコが、こっちに何人か回してくれるって言うんだけど。…イツキくん、この先、どうする?
いやいやいや、居て貰いたいのは勿論だよ?……でも、最初の話だと、数か月って言ってたじゃない?……どうなのかな…って。
それによって、補充する人員も、変わって来るからさ……」


言われて、イツキも改めて、今後の事を考える。
確かに、ここの仕事は好きだけれど……、このままずっと、ここに居るものなのか……


「まあ、すぐに返事ってことも無いから。……ちょっと考えておいてくれる?」


言われて、イツキは神妙な面持ちで、頷いた。







「……えっ、辞めちゃうとか無いよねぇ?……イツキくん、ずっとココ、いるよねぇ?」


その日の仕事が終わり、ミカと駅前のとんかつ屋で夕食をとる。後から、林田も来るらしい。
今後の仕事をどうしようかとイツキが相談すると、当然、ミカは引き止めにかかる。





posted by 白黒ぼたん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187156407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・9 by ぼたん (07/10)
バカンス・7 by ぼたん (07/10)
バカンス・9 by はるりん (07/09)
バカンス・7 by はるりん (07/07)
バカンス・5 by ぼたん (07/03)
バカンス・5 by はるりん (07/03)
バカンス・4 by ぼたん (07/02)
バカンス・4 by はるりん (07/01)
バカンス・3 by ぼたん (06/30)
バカンス・3 by はるりん (06/30)