2020年03月19日

チャージ中







小休止、とばかりに黒川はベッドから抜け、台所で水を一杯飲んでいた。
ウワバミのイツキに付き合うのは、中年男にはなかなか、酷な話だった。

勿論、時間を掛けた愛撫で、イツキは何度かイカされていたし
優しく手を滑らせたり、唇を寄せただけでも、身体を震わせていた。
内臓を抉る様な挿入では、悲鳴のような喘ぎ声をあげ、失神しかけ、
それでもまだ足りないのか、腰を揺すって、「んんん…」と甘ったるく呻る。


「………性欲の塊かよ、…手に負えねぇな…。ふふ、………飽きない奴だよ…」


そう黒川は呟き、空になったグラスにもう一度水を注ぎ、寝室に戻って行った。





ベッドの上ではイツキが、手足を縮め身体を丸め、横たわっていた。
そんな格好でもしていないと、身の内の熱が垂れ、収拾が付かなくなるようだ。
黒川はイツキの肩に、冷たいグラスの底を当てる。
イツキはピクリと動き、重たい瞼をゆっくりと開き、黒川が自分の為に水を持って来てくれたことを知る。


「………あり…がと。……マサヤ…」
「騒ぎ過ぎだ。どれだけ溜まってたんだよ。まだ足りないとか、言うなよ?」
「……足りないよ、………ぜんぜん」


イツキは身体を起こして、コップを手に取る。水を一気に飲み干し、口元を手で拭う。



「……身体の中、全部、マサヤにする。そうしたら、やっと……俺、ここに帰って来たって…気がする……」
「………そうか?………それなら、もう少し……時間を掛けないとな…」



黒川は、イツキの手からコップを受け取り、脇に置き、それからイツキの肩を抱き締める。
髪に指を絡め、頬にキスをする。イツキは黒川の背中に腕を回す。


互いの、虚ろを、互いで埋める夜。






posted by 白黒ぼたん at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
美味しいお酒で身体溶かすように身体全部マサヤで満たすって……最高だわね
2人愛し合ってるみたいよ
Posted by ふふ at 2020年03月19日 04:00
もう、否定するのもアレですね。
愛し合っていると思います。
Posted by ぼたん at 2020年03月22日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187287283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川のやり方 by ぼたん (05/28)
終了 by ぼたん (05/28)
黒川のやり方 by ふふ (05/28)
終了 by ふふ (05/28)
黒川のやり方 by ぼたん (05/27)
黒川のやり方 by はるりん (05/27)
黒川のやり方 by ふふ (05/27)
人の目 by ぼたん (05/26)
人の目 by はるりん (05/25)
少し前の話 by ぼたん (05/23)