2020年03月22日

受難







「お疲れ様です、社長」
「………ああ」



夕方、事務所に顔を出した黒川に一ノ宮が声を掛ける。
確か、昨日、イツキが戻ったはずだった。しばらくはそちらに掛かりきりになるのかと思ったが、そうでもないらしい。



「仕事が残っているだろう。住田ビルのオーナーと詰めの折衝もある。明日の会合の準備も……」


椅子に座った黒川はデスクに頬杖をつき、まず、何から取り掛かろうかと…あちこちに視線をやる。
珍しく、セットされていない髪。若干お疲れの様子。どうしても来たい訳ではなかったが、仕事もあるし仕方なく…といったところ。
『本当はイツキくんと一緒にいたかったのでしょう?』
一ノ宮はそう言いかけて、口を噤む。



「…緑のファイルはどうした?西崎の奴、持って来たのか?」
「ええ、そちらの…デスクの横の紙袋です。…あ、向こうの箱は先日のお礼にと…、新潟の日本酒が入っているようですよ」
「……ふぅん」



黒川は身体を傾け、床に置かれた紙袋に手を伸ばしかけて、何を思ったか正面に向き直る。
コーヒーカップを手に、デスクに近寄った一ノ宮は、不思議な面持ちで黒川を見る。



「どうかされましたか?」
「……いや…」



黒川はまだ、紙袋に目を落としたまま。

一ノ宮はコーヒーを置くと、何となく、その紙袋を取り、デスクの上に置き直す。
さらに黒川は、隣の段ボール箱にも目をやる。察した一ノ宮はそれも持ち上げ、デスクの上に置く。





「…………腰、ですか?」
「……いや、まあ。………少しな」




そう黒川は言い、一ノ宮は

……ぷっと噴き出した。





posted by 白黒ぼたん at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ぷぷぷ……
ギックリ腰でありませんようにw
Posted by ふふ at 2020年03月23日 03:24
私もぷッとなりました
さすがいっちゃん、黒川の腰が大変な事にになるまで求めたのね笑
腰が痛いから出来ないとか、ないですよね
いっちゃんを喜ばせないと
Posted by はるりん at 2020年03月23日 06:00
ふふさま
軽く、やっちゃったみたいです笑


はるりんさま
ちょっとムキになって頑張り過ぎたようですよw
いっちゃん、満足したかなぁ…ww
Posted by ぼたん at 2020年03月23日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187299958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川のやり方 by ぼたん (05/28)
終了 by ぼたん (05/28)
黒川のやり方 by ふふ (05/28)
終了 by ふふ (05/28)
黒川のやり方 by ぼたん (05/27)
黒川のやり方 by はるりん (05/27)
黒川のやり方 by ふふ (05/27)
人の目 by ぼたん (05/26)
人の目 by はるりん (05/25)
少し前の話 by ぼたん (05/23)