2020年04月03日

おでかけ・最終話








事務所の後は、二人、焼き鳥屋へ向かった。
…一ノ宮は仕事が残っていると、同席しなかった。
おそらく、このカウンター席に三人並んで座るなど……あり得ないと思ったのだろう。

初めは少し不機嫌だった黒川も、コップ酒を3杯飲む頃には気も緩む。


「…電気屋さんも覗いて来た。……オーブントースター欲しくて。パンが、凄く美味しく焼けるんだって…!」
「そんなもん。何で焼いても一緒だろう」
「違うんだって!…外側はパリっと焼けて、中はふんわりなんだって!」


そんなイツキのどうでも良い話を、鼻で笑いながら聞いていた。






マンションの部屋に帰る頃には、結構な酔い具合で
風呂にも入らず、そのまま縺れる様に、ベッドに転がってしまう。
黒川はイツキを腕に抱き、指に髪の毛を絡め、顔を寄せる。
焼き鳥屋の炭の匂いの奥に……、シャンプーの良い匂いがする。
髪型が変わったことには、一応、気が付いていた。


「……小ざっぱりしたな。………いいな」





久しぶりの外出で疲れたのか
そう呟く頃には、イツキはすっかり、寝息を立てていた。





posted by 白黒ぼたん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187342825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川のやり方 by ぼたん (05/28)
終了 by ぼたん (05/28)
黒川のやり方 by ふふ (05/28)
終了 by ふふ (05/28)
黒川のやり方 by ぼたん (05/27)
黒川のやり方 by はるりん (05/27)
黒川のやり方 by ふふ (05/27)
人の目 by ぼたん (05/26)
人の目 by はるりん (05/25)
少し前の話 by ぼたん (05/23)