2020年05月27日

終了







まあまあ体格の良いスーツ男が集まり、何やら…揉めているようだと……、食堂に居た数人がこちらをチラチラと見る。
あまりオオゴトにはしたくは無い話。

黒川は人の目を利用する。
イツキの素性が周りに知れては駄目なように、小野寺もまた、……男を相手に商売するイツキの、その、客であるなどと……知れてはまずいのだ。
一般企業の会長である小野寺の実害は、もしかすると、イツキよりも深刻かも知れない。


この場で、裏の事情をネタに脅しをかけるというのは、同時に自分の首をも絞める事になる。


黒川の含みのある物言いと、伺うように睨み付ける様子に、小野寺もその危険を察した。




「……ふふ。いや、なに。…ちょっと見掛けたものでね。君のところまで送ってあげようかと思ったんだよ」
「それはどうも、ご親切に」
「せっかくだから、一緒に食事でもどうだい?」
「……結構」



黒川は吐き捨てる様にそう言い切る。そうなるともう、小野寺に手は無かった。






最後に黒川は柳に適当な挨拶をして、踵を返す。
イツキは…当初の用件だったハーバルの荷物を抱え、柳と小野寺にぺこりと頭を下げる。
小野寺は残念と言う風に薄く笑い、「…またね」と、イツキに小さく手を振った。





「……あんな奴にお辞儀なぞするな」
「…え、でも…、……一応…」
「そんな事だからすぐに騙されるんだ!……馬鹿が!……誰彼構わずホイホイ付いて行きやがって、尻軽め!
……俺が来なければ、また連れて行かれる所だったろう、……まったくお前は…!!」



施設の外へ出る通路を歩きながら、黒川は悪態を付く。
それは先ほどの、紳士然とした立ち居振る舞いを見せた男とは別人のようだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いいよいいよ〜!マサヤ怒っていいよぉ〜もぉカレカノムーブじゃんっ(๑′ฅฅ‵๑)ムフフ
Posted by ふふ at 2020年05月28日 00:09
ちょっとムキになり過ぎですね。
大人げない…笑
Posted by ぼたん at 2020年05月28日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187534350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・9 by ぼたん (07/10)
バカンス・7 by ぼたん (07/10)
バカンス・9 by はるりん (07/09)
バカンス・7 by はるりん (07/07)
バカンス・5 by ぼたん (07/03)
バカンス・5 by はるりん (07/03)
バカンス・4 by ぼたん (07/02)
バカンス・4 by はるりん (07/01)
バカンス・3 by ぼたん (06/30)
バカンス・3 by はるりん (06/30)