2020年07月02日

バカンス・5






イツキは恋愛対象として男が好き、という訳でもない。
ただ、その行為の経験が多過ぎるために、どうあってもすぐに、……それが、思い出されてしまう。
エサの時間のベルで涎を垂らす犬のように、男が傍に寄っただけで…、……何かが垂れる。

かといって、そんな自分に驚いたり恥ずかしがったりする事にも、もう慣れていた。
ましてや普通の一般人相手に、色目を使うような真似も、そうそう、しない。




「……ああ、かあちゃん?何?……もう電車乗ってるよ。……ああ?シゲんとこ寄るから晩メシはいらんて。……わかった、わかった、ほんならもう切るよ?」


男は途中、掛かって来た電話に小さな声で対応する。小さな声と言っても、隣に座るイツキには丸聞こえだった。
通話を終えるとイツキと目が合う。男が、スミマセンという風に頭を下げるとイツキも、いえいえ、と頭を下げる。


「……久しぶりに実家に帰るんですけど、……母親が晩メシの心配ばっかりで……」

気恥ずかしさからかそう言う男に、イツキは、「いいですね、そういうの」と笑顔で応えた。






結局、一般人の男とはそれ以上の会話もなく、男はイツキが降りる駅の手前で電車を降りた。
緊張していた訳でもないが、イツキはふうと大きな息を吐く。


「………すごい、フツーの人だった。………なんか、空気が違った。清らかだった!
スポーツとかやってるのかな…。腕も太いし…胸板、厚くて。力、ありそう…。

あんな人と、したら……、…………大変かも…。

………いやいや……ないない」



空いた隣の座席を見ながら、イツキは思わず呟き、
うっかり下品な想像をして、くすくすと笑った。





posted by 白黒ぼたん at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
清らかな人があんまり周りに居ないいっちゃんにとっては
こういう普通の事が新鮮なんですよね
一般男子に抱かれる所を想像して、ときめいちゃった(〃A〃)
Posted by はるりん at 2020年07月03日 05:25
一般男子に誘い受け。笑

最近のいっちゃんはスキルが上がっているので
本気になったら…怖いですよ〜〜
Posted by ぼたん at 2020年07月03日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187658318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・最終話 by はるりん (08/10)
バカンス・最終話 by ひとみん (08/09)
バカンス・27 by ぼたん (08/05)
バカンス・27 by はるりん (08/04)
バカンス・26 by ぼたん (08/03)
バカンス・26 by はるりん (08/02)
バカンス・23 by ぼたん (07/31)
バカンス・23 by はるりん (07/30)
バカンス・22 by ぼたん (07/29)
バカンス・22 by はるりん (07/29)