2020年07月06日

バカンス・7








眠る前に、黒川と電話が繋がる。
夜を別々に過ごすことなど珍しくもないが、本当に場所が離れているのだと思うと少し、…変。



「……いい旅館だね、古いけど新しくて。お部屋もベッドで、いいね。少し歩くとプライベートビーチがあるんだって、……泳がないけどね、ふふ」
『…海と風呂が売りの宿だからな…』
「晩ご飯も美味しかったよ。別館にレストランがあってね、そこに用意されてて。お刺身が…山盛りで……」


イツキがよく喋るのは、やはり少し、落ち着かないせいなのか。
知らない土地にたった一人きりでいるというのは、たとえバカンスだと言われても、寂しくて不安になるものだろう。



『…歩いて回れる辺りで、色々…、見られる場所があるようだぜ。…まあ、適当に、遊んでいな……』
「ん。……わかった。………マサヤ、来るのは金曜日?」
『ああ、じゃあな』



通話を終えるとシンと静かになり、耳が痛くなる。
普段、マンションの部屋だって、そう都会の喧騒が聞こえてくる訳ではなかったけれど……、それでも静寂の質が違う。

うっかりすると、泣きそうになってくる。





けれど、これくらいの孤独はすでに何度か経験済み。
多少の不安も、心配事も、それが目の前にやって来て避けられない状況になるまでは、考えたって仕方が無いと知っている。

とりあえず、もう寝てしまえと、ベッドに入る。
そして、明日、番頭見習いの竹本が案内してくれると言う漁港の、近くの、磯焼の店のことを

夢に見る程、考えていた。






posted by 白黒ぼたん at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃん寂しいんですね
それは黒川も一緒ですね
いつも一緒の人が居ないというのは
なんだか落ち着かないものです

でも食事を楽しみにしているいっちゃん、可愛いですね!
Posted by はるりん at 2020年07月07日 05:36
いっちゃん寂しいのは慣れっこです。

どんな時でも楽しいこと考えられるのは
生活の知恵?
Posted by ぼたん at 2020年07月10日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187671060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・最終話 by はるりん (08/10)
バカンス・最終話 by ひとみん (08/09)
バカンス・27 by ぼたん (08/05)
バカンス・27 by はるりん (08/04)
バカンス・26 by ぼたん (08/03)
バカンス・26 by はるりん (08/02)
バカンス・23 by ぼたん (07/31)
バカンス・23 by はるりん (07/30)
バカンス・22 by ぼたん (07/29)
バカンス・22 by はるりん (07/29)