2020年07月07日

バカンス・8







「……この、ハマグリの入った焼き貝セットと、イカわたホイル焼き、まぐろカマと、エイヒレ……あと、ビールで!」







翌日のイツキは朝から元気で前向きだった。
軽く朝食を済ませると、番頭見習いの竹本が旅館おススメの散策コースを案内してくれると言う。
静かな松林を抜け、砂浜の広がる海岸線を歩き、大昔の地層が剥き出しになっている崖を見上げ、ナントカという武将を奉った祠を眺めた。

風光明媚な景色をながめ、すっかり心が清らかになったところで、昼休憩。
漁港の近くの磯焼屋。地元の人も利用するような気軽な店構え。海の匂いと醤油の焦げた匂いが、イツキの心を一瞬で鷲掴みにする。


「…いいお店ですね。俺、こんな感じ、大好きです」
「良かったです。…ああ、結構歩いて疲れませんでしたか?」
「疲れました。…こんなに歩いたの、久しぶりです」


イツキは笑って、店員が運んで来た瓶ビールを竹本に注ごうとする。けれど竹本は手で止め、「勤務中なので」などと言う。

イツキは……残念そうに顔をしかめ、自分のグラスにビールを注ぐと…もう一度竹本にビールを向ける。



「……一杯だけ…付き合って頂けませんか?……そうじゃないと俺、飲めなくって…」



そう言って、ニコリと笑って、竹本のグラスにビールを注ぐのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187674833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・最終話 by はるりん (08/10)
バカンス・最終話 by ひとみん (08/09)
バカンス・27 by ぼたん (08/05)
バカンス・27 by はるりん (08/04)
バカンス・26 by ぼたん (08/03)
バカンス・26 by はるりん (08/02)
バカンス・23 by ぼたん (07/31)
バカンス・23 by はるりん (07/30)
バカンス・22 by ぼたん (07/29)
バカンス・22 by はるりん (07/29)