2020年07月08日

バカンス・9







竹本は、実は酒好きの男だった。
勤務中でもあり一応、誘いは断ったものの…、女将から「大切なお客様」だと言われているイツキに、失礼があってもいけない。

とりあえず、注がれた一杯は飲み干す。
歩き疲れた体に、染み、思わずぷはぁと声が出て…、イツキが嬉しそうに微笑む。

イツキは別に、男を酔い潰してしまおうとは思っていない。
ただ、楽しい時間が過ごせれば良いと思し、…目の前の男をもてなすのはイツキの、癖なのだし。



「……竹本さん、22歳なんですか。俺とあんまり、変わらないじゃないですか」
「…え、岡部様、お幾つなんですか?」
「俺、19です。あ…、ビール飲んでるのは、内緒です」


今更そんな事を言って、イツキはくすくす笑う。
店員の目を気にする素振りを見せ、ビール瓶を竹本の手元に押しやり、主に飲んでいるのはこの男なのですよとアピールする。
そのくせ、空になった自分のグラスを竹本に差し出し、注がせる。
流れで、竹本は、自分のグラスにもビールを注ぐ。
いつの間に注文をしたのか、ほどなく二本目のビールがテーブルに置かれる。



「岡部様、この辺り…、貝の口開いたやつは大丈夫です。お醤油、垂らしますよ?」
「…あのー、やっぱり…、その岡部様って、止めて貰っていいですか?……下の名前、イツキって言います」
「じゃあ…、イツキさま…?……ああ、ホイル焼きも良い感じです、ぐつぐつ言ってます」
「イツキさま!……ふふふ。……竹本さん、ハマグリお皿に入れて下さい。ああ、お汁、零れちゃうー!」



焼き網の上の貝や魚を突きながら、思った以上に、楽しい時間を過ごす。

帰りの遅い二人を心配して、女将が竹本に電話を入れていたのだが、そんな野暮はものに気が付く余裕はなく

テーブルには、空いたビール瓶が、何本も並んだ。





posted by 白黒ぼたん at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃん、盛り上がっちゃってますね〜
楽しそうないっちゃんを見るとほっとします
この子は幸せにしてあげたいですね
Posted by はるりん at 2020年07月09日 06:46
小さな事でも良いので
幸せ、見つけて欲しいですね。
…ちょっとやり過ぎちゃうトコはあるんですけど…笑
Posted by ぼたん at 2020年07月10日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187678008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
バカンス・最終話 by はるりん (08/10)
バカンス・最終話 by ひとみん (08/09)
バカンス・27 by ぼたん (08/05)
バカンス・27 by はるりん (08/04)
バカンス・26 by ぼたん (08/03)
バカンス・26 by はるりん (08/02)
バカンス・23 by ぼたん (07/31)
バカンス・23 by はるりん (07/30)
バカンス・22 by ぼたん (07/29)
バカンス・22 by はるりん (07/29)