2020年07月13日

バカンス・12








土産物屋や雑貨屋をいくつか回り、最後にイツキは「おでん・地酒」の店に入る。
あまり沢山頂いては夕食が入らなくなると、一応、心配し…、お勧めの一皿と冷酒のグラスが乗った「ちょい呑みセット」を注文する。

やがて運ばれて来た地酒のグラスは、下の升にも溢れるほど、なみなみに酒が注がれていて…思わず、にやける。
グラスを持ち上げることも出来ずに、口から、行く。すっきりとした辛口の酒で、するすると飲めてしまう。


「……いやいや。……今日は飲み過ぎない。旅館の夕食だって、すごい、楽しみにしてるんだし。………ああ、俺、……食べてばっかりだ……」


イツキは小さな声で呟く。本当にこの旅行は食べて、飲んで、お風呂に入ってと…、のんびり過ごし過ぎていると思う。
こんなに気ままな時間を過ごして良いのかと、少し、自分を戒めるのだけど……




週末には…、『仕事』があるのだという事が、胸の奥で微かに痛む。




「………それがあるから…、……好き勝手にさせてくれてるのかな…。……遊んだ分は働け、とか……言うのかな。
………じゃあ、もっと、ぱっと遊んでも良いって事かな……」




そんな事をぼんやりと考える。考えている内に、ちょい呑みのグラスは空になる。
今の時間は午後3時。まだ、旅館に帰るには早い時間だと…、…イツキは地酒のお替りを頼んだ。








「……いいね、お兄ちゃん。昼から、酒盛り?」

一人の男が、イツキに声を掛けて来た。





posted by 白黒ぼたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187693253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)