2020年07月27日

バカンス・22







20代前半のOLだと言う女子二人組は、イツキと梶原が高校生では無いと聞くと「可愛く見える」などと言ってキャッキャと笑う。
イツキはともかく梶原は、可愛いと言われて嬉しくもないが……、それでも、女子と話が出来るだけで嬉しいお年頃だった。

そんな訳で、午後は4人でビーチボール大会。
女子にも、イツキにも、良い所を見せたい梶原は、とにかく元気に張り切っていた。








「いやー、若者、元気あるわぁー。お姉さんはもう、へとへとー」
「……元気があるのは梶原だけです。……俺ももう、駄目……」

もう、お終いと、髪をお団子に結んでいる女子がビーチを離れ、奥のベンチに移動する。
イツキも、限界。ベンチの隣りに腰掛ける。
梶原と、ショートヘアーの女子は、ラリー中だった。


「…カナエちゃんはバレー部出身だから、体力あるのよね。アタシは文化部で。……イツキくん、ジュース飲む?……お水もあるよ?」
「お水、貰います」
「ふふ。カワイイー。……ね、長袖、熱くない?……そんなに日焼け、駄目?」
「………はい」


イツキの怪しい水着は、肌が弱く日に焼けたくないためだと説明していた。
お団子女子のマユミはビキニの胸元に入った砂を払いながら、ペットボトルの水を飲むイツキをチラチラと、伺う。



「…ね、イツキくんたち、本館なんだよね。…ご飯終わったらさ、どこかで集まらない?
……ラウンジでも、………お部屋でもいいよ?」


そう言ってマユミはニコリと笑う。
口元のほくろが色っぽいと…、それがマユミの売りだったのだが


生憎、それはイツキには伝わっていないようだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いっちゃんと女性の組み合わせ…
いっちゃんが女性としているところ想像つかないんですけど(*≧▽≦)
Posted by はるりん at 2020年07月29日 05:48
ねえ。笑
いっちゃんも想像出来ないと思いますよ。
Posted by ぼたん at 2020年07月29日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187743490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)