2020年08月05日

バカンス・28







「………は?………うそ?」
「そう」
「……無いの?……仕事」
「あった方が良かったか?」


事態を飲み込めないイツキ。
勿論『仕事』なんて無い方が良いに決まっているが、急に、予定が変わっても気持ちは簡単に切り替わらない。

豆鉄砲を食らった鳩のように目を丸くするイツキの前に、給仕が、料理をいくつか運んで来る。
先に黒川が注文していたようだ。酒のツマミに丁度良い小皿が並ぶ。
向こうのオープンキッチンで、スペシャルメニューの伊勢海老が焼き上がったと、ベルが鳴る。
黒川は一瞬そちらを見て、それからイツキを見て、ふふんと鼻で笑って、自分のグラスに酒を注いだ。



「たまにはのんびり過ごすのも…良かっただろう? 
変な知り合いがいる東京よりは、危険も少ないからな。
ただ、羽目を外し過ぎても困る。
……嫌な予定の一つでもあれば、自重するだろ?」



本当に、それだけの理由だったのだ。
実際、イツキは「仕事」を気にし、何もかも忘れぱっと遊ぶ……、まあ、そんな事はしないにせよ…、……ある種の重しとなった事は確かだった。

それでも、それをすぐに理解するのは難しい。



「………意味、わかんない!」



イツキは吐き捨て、呆れるより怒り、手元のグラスの酒を一気飲みして、目の前の料理をガツガツ食べ始める。


それを見て黒川は珍しく、声を上げて、笑った。





posted by 白黒ぼたん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187776626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)