2020年08月11日

土曜日の朝







遅い朝食は部屋に持って来てもらった。
黒川と一緒だと、なにかと融通がきくようだ。
窓側の、板の間の、ラタンの小さなテーブルにトーストと目玉焼き、サラダにフルーツ。
コーヒーを置く場所が無かったので、それはとりあえず床に置いておく。


「…マサヤ、ここって、いつまでいるの?」
「…月曜の朝までだな。…夜には仕事が入ってる…」
「…海とか、行く? 色々、見るトコあるみたいだよ?」
「俺は休みに来たんだ。…ゆっくりさせろよ…」


黒川はそう言って、手を伸ばして、床に置いていたコーヒーを取る。
窓の外は上天気。夏の日差しが眩しすぎる。

イツキは、寝不足の目を細めて…それでもトーストをもぐもぐとやる。
確かに自分も連日遊び通しなのだし、夜は夜で…忙しいのだし。
部屋でゆっくり休むのも良いかも知れない。
………黒川と一緒で、ゆっくり休めるのかは、甚だ疑問だけれども。
それに迂闊に出歩いて、この一週間、自分がどこに行っていたかを詮索されるのも面白くはないだろう。




「……それに…」


コーヒーを飲みながら黒川が続ける。
イツキが顔を上げると、黒川は……何かイツキの悪さに気付いたのか、ニヤリと笑う。



「……外に出て、これ以上、日焼けされても困るからな。
……まったく。……小学生かよ」

「……あっ、……これは…その…」




イツキの足先は甲の部分だけ真っ赤に日焼けしていて
それを見て黒川はくすくすと鼻で笑い

イツキは慌てて、足を、手で隠す素振りなどする。






穏やかな土曜日の朝。






posted by 白黒ぼたん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187796170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)