2020年09月05日

寿司割烹なか井・4








「いいね。俺はそんなイツキくん、好きだよ。いちいち惑わされる方が、お子様なんだよ」

一応褒めているらしい松田の言葉に、少し、イツキの気も晴れる。

「林田も直に冷めるデショ。……ま、あんまり素人に手、出しちゃ、駄目だぜ?」

イツキは…、若干拗ねた様子で唇を尖らせ、……こくんと小さく頷いて見せた。







途中、小さな牛ヒレのステーキを挟んで、最後はお造り船盛りがテーブルに置かれる。
酒はビールから日本酒に替わり、その頃にはイツキの機嫌もとりあえず戻る。
薄く切られた白身魚の正体を探り、わさびを付け過ぎたと言って顔を顰め、貝は苦手と、取り分けた皿を遠くにやる。



「………俺はね…」
「…はい?」
「……全部ひっくるめて、好きなんだよね」
「………お刺身ですか?」


「違う」



そこはキッパリと否定し、松田は笑いを堪え、酒を飲み、気を取り直す。




「イツキくんだよ。全部。……エッチなところも、時々すっとぼけた事するのも。
それと、そんなイツキくんを囲っている黒川さんも。全部、気に入ってる」

「………松田さん。マサヤが好きって…、コトですか?」

「まあ、そんなトコかな。……どうやってイツキくんみたいな子、育てたのかとか…、興味がある。
…溺愛してるかと思えば、放置でしょ?……ふふ。黒川さんも、相当の変わり者だよね」




好き、にも、興味がある、にも、様々な思惑や熱量があるのだろうが
松田が黒川を好意的に思っているのは確かなようだった。
イツキは、面と向かって黒川を好きという人間にそう出会った事が無かったので


松田の言葉に新鮮に驚いた。





posted by 白黒ぼたん at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
松田さんが黒川のこと好きって
いつきも驚いたけど私も驚いた笑
Posted by はるりん at 2020年09月06日 19:19
まあ、同じ男として惚れるってゆーのはあると思うんですけど…
それ以上があったらビックリしますよね!!
Posted by ぼたん at 2020年09月08日 23:01
見てみたい気もする、、、怖いけど
Posted by ひとみん at 2020年09月09日 06:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187879439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
休日 by ぼたん (10/26)
休日 by みやこ (10/22)
休日 by はるりん (10/22)
イツキとダニー・4 by ぼたん (10/20)
イツキとダニー・4 by はるりん (10/20)
イツキとダニー・3 by ぼたん (10/19)
イツキとダニー・3 by はるりん (10/18)
悪い男達 by ぼたん (10/14)
悪い男達 by はるりん (10/13)
想像 by ぼたん (10/12)