2020年09月17日

朝のふたり







朝、イツキが目を覚ますと
……自分の身体がすっかりその気になっていて……驚いた。

年ごろの男子の生理現象なのだし、ある程度は仕方が無いとは思うが
隣りで眠る黒川の体温や、もやもやとした夢の様な感覚が…、…カラダに響いて
あまりにも素直な欲求に、困惑した。

自分で自分に触れてみる。
中でイクのではなく、今は、ココで。
想像するネタには事欠かない。
目を閉じ、静かに鼻で息をする。

どうにか手早く…この衝動を収めてしまおうと努力する。







「……朝っぱらから…、何、してんだよ……」
「…………えっ、………なんでもないよ…」
「……ふぅん?」



隣りで怪しくもぞもぞと動くイツキに、黒川が気付き、声を掛ける。
慌てて取り繕うも、股ぐらに手をやり涙目でいては…何の言い訳も出来ないし
身体も、隠せない。





「馬鹿な奴」






黒川はニヤリと笑って、その続きを、引き受けることにした。







posted by 白黒ぼたん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187930011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
休日 by ぼたん (10/26)
休日 by みやこ (10/22)
休日 by はるりん (10/22)
イツキとダニー・4 by ぼたん (10/20)
イツキとダニー・4 by はるりん (10/20)
イツキとダニー・3 by ぼたん (10/19)
イツキとダニー・3 by はるりん (10/18)
悪い男達 by ぼたん (10/14)
悪い男達 by はるりん (10/13)
想像 by ぼたん (10/12)