2020年12月04日

よくわからない関







もちろん関は同性愛者ではないし、イツキに対して、そう言った感情を抱いている訳ではない。
ただ、目につくだけなのだ。


『……これ、集荷お願いします。伝票、こっちです』
『……………はい』


百貨店の裏側。搬入物の管理をしている窓口に、イツキが荷物を持って現れた。
イツキが急いでいたせいもあるのか。窓口の向こうで椅子に座り、しかも帽子を目深に被っていた男が
先日、倉庫で自分を助けてくれた関なのだとは、気付かなかったようだ。

いや、少し違って。

先にイツキに気付いた関は、何故か咄嗟に下を向き、伝票の処理をするフリをした。
そのせいでイツキは、関の顔を見る事が出来なかったのだ。




『………なんだ、俺。なんで隠れた……?…』



預かった荷物に伝票を貼りながら、関は思う。
やましさや後ろめたさや、なにか…気恥ずかしい気持ちが、心の奥底にあるのかも知れない。
それでも、それでもやはり気になって、イツキが戻って行く後を夢遊病者のように追いかける。
業務エリアと店舗フロアを分ける扉の陰から、伺い見ると



イツキは、何やら若い今時のシュッとした青年と、にこやかに談笑していた。





posted by 白黒ぼたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188188342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック