2020年12月15日

特別な日







朝はいつも通り。
巣箱から出たイツキは前の日に買っていたデリのスープを温め、朝食を取り
乾燥まで自動で済ませてくれる洗濯機にタオルなどを放り込み
身支度をして、部屋を出る。

黒川は、まだ寝室で眠っていた。
一応、中を覗いて、「……行ってきます…」と声を掛けたが、
肩のあたりが少し動いたくらいで、黒川が起きる気配はなかった。







イツキが働く百貨店ではこの週末から、歳末セールが始まる。

どこもかしこも赤と緑の華やかな装飾に、金色のリボンが揺れている。
ハーバルでも限定商品を用意しており、本社の社長も応援に来ると、張り切っていた。
セールの準備もあり、午前中からミカも出勤し、パタパタと作業を進める。

その最中、真面目な顔をしたミカが、仕事よりも大切という話をする。



「…そんな訳なので。…週末から超、忙しくなっちゃうので。
その前に、イツキくん。……今日、仕事が終わったら遊びに行かない?」

「……えっ?今日ですか?」

「さっきユウちゃんと話してて……急なんだけど。ご飯とかお酒とかカラオケとか?
あと何人か集まりそうで。……忘年会がてら…、セール前の決起集会…みたいな?……どうかな?」



目をキラキラと輝かせてミカはイツキを誘うのだけど




「………ごめんなさい。………今日は、…駄目です」




イツキはそう言って、申し訳ないと、頭を下げた。






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188221716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック