2021年02月05日

今更、不思議







仕事が終わり、イツキは黒川の事務所へ向かう。
『夕方、来い』と連絡が来ては、何があってもそちらが優先。


事務所に着くと、中から何やら、騒がしい物音。
おそるおそる中に入ると、見たことの無い老人が床に手と頭を付き
黒川に謝罪か懇願か、とにかく、泣きながら何かを訴えていた。

黒川は部屋に入って来たイツキを見て
「すぐ終わるから。外で待っていろ」
と言って、手をひらひらと振る。
イツキは「…はぁい」と言って、奥にいた一ノ宮にも頭を下げて
事務所を出て、外の、階段の所で待つことにする。



暫くすると、ガシャンバリンと、物が壊れる激しい音が立ち
少し、静かになって………、数分して、先ほどの老人が階段を降りて来た。
青ざめた、憔悴しきった顔。どこか痛めているのか腹を押さえ、足を引き摺っていた。

イツキとすれ違いざま、イツキを見て
何故こんな若い子がここに、と、怪訝な顔を見せる。

「………あんた、ここに何の用事かね?………こんな場所…。……最悪だよ。
あいつ…、……血も涙もない………、……なあ、あんた……」



老人がイツキに話掛けたところで、事務所の扉が開き、今度は黒川が出てくる。
老人は黒川を見上げ「………ひっ」と小さく悲鳴を上げると、転がる様に駆け出し、逃げて行った。

黒川はふんと鼻息を鳴らし、行くぞ、とイツキに声を掛けた。






その後、二人で、近所の焼肉屋に行く。
黒川は普段通り、変わった様子もなく。
イツキに対しては時折、柔らかい表情さえ浮かべるのが
イツキには、不思議でならなかった。






posted by 白黒ぼたん at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188374894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック