2021年02月26日

微妙な空気







週末の百貨店。
夕方のピークの、少し前の時間。
特に問題が無くともフロアマネージャーの茗荷谷は
ホールを回り、各々の店舗に声を掛けるのが日課だった。



「……オツカレさまです。ハーバルさん。変わりはないですか?」
「…………あ。ダニー。…………ハイ、別に……」


店舗前で少しぼんやりしていたミカに、茗荷谷は声を掛ける。
ミカがどれほど呆けていたかと言えば、茗荷谷をあだ名で呼んだことに気付かない程だ。

そしてお互いぺこりと軽く頭を下げて
そのまま、少し、間が空いてしまう。

店的には変わりも無いし、連絡事項も何も無いが、
気に掛かる事が無い訳ではない。






ミカはイツキを心配していた。
午前中の仕事を終え、自分と入れ替わりで帰って行ったイツキの
様子が少し、変だった。
物静かというか落ち着いた風。どこか冷めても見え、寂し気。心ここに在らず。
かと言って、問いただす程でも無い気もする。ちょっとした違和感。

茗荷谷は、その仕事を終えたイツキと、詰め所で擦れ違っていた。
制服を着替え、いつぞやも見た黒いスーツを着込み
『お疲れ様でした』と言って、横を通り過ぎる時に
ちらりと、視線だけ流して微笑む姿が、異様に艶めいていた。








「……ねえ、このボディクリーム、小さいサイズは無いのかしら?」



ミカと茗荷谷が微妙な空気を醸す中、ふいに中年の女性客が声を掛ける。

ミカと茗荷谷は我に返り、慌てて、自分の仕事に戻るのだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188438535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック