2021年10月04日

宵闇









「……ったく。…何で俺がこんな事…」


とあるホテルの駐車場。
車の中で佐野は文句を垂れる。
今日は黒川に、「仕事」をしているレノンの迎えを頼まれたのだ。


イツキの頃とは違い、組でもそこそこの立場になった佐野だったが
黒川から見れば、雑用係。使いっ走りの一人。
そして、未成年であるレノンを扱う以上、信用のおける男でないと駄目なのだ等々
言われてしまえば、断ることなど出来ない。


やがて宵闇に紛れ、裏口からレノンが現れた。





「……迎えなんて、いらねぇ」
「まあ、そう言うなよ。せっかく来てやってんだからよ」
「…あんたもクソ変態の仲間なんだろ?…気色ワリィ…」


助手席に乗ったレノンは一頻り文句を言う。
佐野が迎えに来たのはこれが初めてでは無いのだが、一向に慣れる様子はない。

こんな可愛げの無い子供の相手など、黒川の命令でなければ願い下げだ。
いくら、…頬に傷を作り、濡れた髪に不自然な匂いをさせていようと、…何ら感じる所もない。






「……クソ。ふざけやがって…あのジジイ…」


窓の外を眺めながら、レノンは
低く押し潰されそうな声で、そう呟いた。






posted by 白黒ぼたん at 20:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
もしかして
佐野っちとレノンなんて組み合わせ…?
Posted by はるりん at 2021年10月05日 05:12
あんまりレノン君に台頭して欲しくない〜あせあせ(飛び散る汗)
イッちゃんに心の平穏を
Posted by のんちゃん at 2021年10月06日 00:09
はるりんさま
佐野っち、どう出ますかねー?
あんまり甘い感じはしなさそうですねー

のんちゃんさま
レノンに対して以前のような不安な感じは無いんでしょうが…やっぱり、気になりますよね。
いっちゃん、苦労が絶えないです。
Posted by ぼたん at 2021年10月07日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189041722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック