2021年10月25日

ホテル紫苑









『…悪ぃ、イツキ。頼む。助けてくれ。俺じゃどうにもなんねぇ』


佐野からの誘いにはもう何があっても乗らないと…軽く誓っていたイツキだったが
ちょうど仕事上がりの時間。たまたま出てしまった電話で
切羽詰まった声でそう懇願されては…つい、話を聞いてしまう。


「……なに?」
『頼む。今から「紫苑」に来てくれねぇ?』
「…ホテルじゃん。…行かないよ」
『いやいやいや、違うんだわ。……レノンが、ヤバいんだわ』


どうやら、このホテルで仕事を終えたレノンが、酷い状態なのだと言う。
佐野はレノンを迎えに来たのだが、レノンは泣き喚き、挙句バスルームに立て篭もり、手に負えないのだと。

嘘か本当か疑わしい所だけど…もし本当に何か、身体にダメージを負っているのだとしたら

その痛みを嫌というほど味わったイツキには、放って置くことが出来なかった。




ホテルに向かう前に、一応、黒川に連絡を入れて置く。
黒川からは短く、「面倒を見てやってくれ」とメールが入っていた。







佐野の話は珍しく、本当だった。


言われたホテルの部屋に入ると…そこはまだ、どこか湿った、独特の臭いがしていた。
ベッドのシーツは乱れ、酒のグラスが倒れ、床はあちこちが濡れていた。


自分がここで、どんな目に遭わされたか、イツキは思い出し…少し吐き気を覚える。
それを、佐野も、感じているのか。イツキに申し訳ないと詫び、
それでも頼むと、レノンが籠ったバスルームに視線をやった。




posted by 白黒ぼたん at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
自分が体験してきた辛い事がわかるだけに
レノンを何とかしてあげたいですね

佐野っちたまには本当の事言うって
評価低すぎです(*≧▽≦)
今までしてきた事を考えると当然ですね
Posted by はるりん at 2021年10月25日 21:12
佐野っち。
レノンと共謀してイツキを呼び出して
何か、悪さを……。

とか、十分考えられるじゃないですか。

今までの行いがねー。笑
Posted by ぼたん at 2021年10月28日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189091091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック