2022年02月03日

ヤバイイツキ・2








 
ある日。
西崎が黒川の事務所に立ち寄ると、扉の鍵は開いたまま。
ノックをしても返事も無し。
「……無用心だなぁ」と、西崎が中に入ると

応接セットのソファに、イツキが寝転び、眠っていた。


西崎は少し離れてパイプ椅子に座り、ヤクザの事務所で呑気に眠る子供を眺める。





子供と言っても、確か先日、ハタチになったのだと聞いた。
自分が知り合ったのは……5年ほど前だろうか。
諸々しがらみで黒川が年端もいかない男女を連れて来ることはよくあったが
イツキは最初から何故か特別扱いだったような気がする。
事実、今は黒川と生活を共にし、まるで恋人か愛人のような立場で振る舞っている。


「……なんだかなぁ…」


西崎は小さな声でボヤく。
実際、黒川とイツキの仲というのは、よく解らないのだ。

解るのは、イツキが、多少ソファからはみ出す程に背が伸びたこと。
それでも、ウチの書庫の上段には手が届かない。成人男性にしては、身体は小さい。
肌も白いし、声も、…女のそれと比べられないが、高いし艶がある。

イく時の上擦った喘ぎ声は、耳に付き、なかなか消える事がない。



昔はただの可哀想な、哀れな子供だった。
その癖ヤリ始めるとどっぷり欲に浸かり、色気を垂れ流すのが面白かった。


今は、どうだ。
妙に穏やかで、柔らかい。屈託のない笑顔なんぞ見せてくる。

これが、……コトに及べば………、今度はどんな顔を見せるのだろうかと…思う。

思うと、年甲斐もなくどくんと、下半身に血が集まる。






「…勝手に触るなよ、西崎」






西崎が思わず、イツキに手を伸ばしかけた時


部屋に黒川が戻り、そう、釘を刺した。







posted by 白黒ぼたん at 09:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189312150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック