2022年10月01日

助け舟









「……何だ、話してないのか……ふぅん」


勿体をつけるように……もちろんわざとだが……松田はそれきし黙りグラスに口を付ける。
黒川は面白くないといった風に、ふんと鼻で息をつく。
イツキの出張の最終日。何か様子が変だったのは解っている。
そもそも松田と一緒に居たことがオカシイ。
朝から風呂屋で泥酔し、その後は妙に甘え、こちらに帰って来てからは
何事も無かったかのように普段通り…むしろ、出来過ぎているほど大人しい。


煽るように松田は上目遣いで黒川を見る。
解りやすく挑発しているのが憎たらしい。




「イツキくん、社長と喧嘩をしなければいけない問題でもあったのですか?」


助け舟を出すように一ノ宮は、そう言いながらソファに戻って来た。
チーズ的なツマミと缶ビールを3本。タブを開け、黒川と松田に差し出す。


「聞いちゃう?一ノ宮さん」
「ぜひ」


一ノ宮も自分のビールを開け、ふふと笑いながら、チラリと黒川を見る。






「イツキくん、前の晩は宴席でさ。ちょっと暴走しかけて…俺が助けたんだけど。
そもそも何で暴走してたかってゆーと…

自分が出張中に黒川さんが女と浮気してたから、だって。

いや、もう、いじらしくない? 泣くわ、俺」





posted by 白黒ぼたん at 00:16 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189841832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック