2009年02月12日

悲鳴



今までの俺はマサヤのもので
マサヤに言われて…酷い事、されて来たけど
マサヤがいなくなったら

ただ、酷い事されるだけじゃん?

同じだけど、何が違うんだろう…。


「…あっ…ひんっっ」

剥きだしになっていた乳首にローターが当てられる。
持ち手があって、先端が大きくて、電マとか言うやつ。振動が、痛いくらいにキツイ。
ぐりぐりと押し当てられるのも嫌だけど、先端だけ擦られるのも嫌。
ピンと張った乳首には刺激が強すぎて、それから逃げるように身体を捩らせた。
でも、ソファに横になった俺の腹に、男は片膝を乗せる。
それで俺は、それ以上、どこにも逃げる事ができなくなってしまった。

「…本当はあんまり好きじゃないんだよ、男相手は。胸が無いのがつまらないね…」

そう言って、今度は空いている方の手で、もう片方の乳首を摘まむ。
…摘まむ、じゃない。引き千切る…といった風で…

「痛いっ……い………っ」
「つまらないねえ…。シリコンでも入れるか?」
「…ざ…、ふざけんな…、そんな事…」
「『マサヤが許さない』か?もう、黒川は関係ないんだよ。お前はもう、お払い箱なんだよっっ、ハッハッハッ」

男は気に障る高笑いをして、爪先で摘み上げられた乳首の先にローターを当てる。
快感とは程遠い針で刺されたような痛みに、ビクンと身体が跳ねる。
それでも、その痛みよりも何よりも、

男の言葉が痛くて、俺は悲鳴を上げた。


ちゅじゅく
posted by 白黒ぼたん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26626078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)