2009年02月19日

理由

ここのソファがビニール張りの理由が解った。



ズボンも下着も脱がされて、丸出しになった股間にローションが垂らされる。
さっきの乳首への刺激と…この状況ってだけで…もう勃ちあがっている俺のを扱きながら、穴に指を差し入れる。
さらに、器具を使って、中にもローションを入れたみたいで
俺のそこはあっという間にぐちゃぐちゃになって、もう何を挿れられているのかよく解らなくなって来てしまった。

「…ふ…はうっ……ふ………っ」

どうしたって漏れてしまう声が耳について、むかつく。
馬鹿みたいによがってるみたいじゃんか。

顔の前に気配を感じて、薄目を開けて見上げると、いつの間にかそこにはもう1人別の男が立っていて
赤黒いちんこを、俺の口元に押し当ててきた。
一応、口をつぐんで、顔を背けてはみるんだけど、すぐに髪の毛を掴まれて
呼吸とともに開いた口に、それを突き刺された。

「歯、立てるなよ。イツキ。もっと美味そうに咥えろよ」

目の前の男じゃなくて、下半身を弄っている男がそう声を掛ける。

「お前はチンポ大好きだもんな。すぐにこっちにも挿れてやるから、待ってろよ…」
「……んぐっ…んんんっ……んんっ」

下にバイブを挿れられたみたいで、変な振動が身体を揺らす。
それと同時に、口に突っ込まれていたちんこが動いて、俺の喉を犯す。
こんなの、本当に噛み千切ってしまえば良いのに…

舌を絡めて吸い付いてしまうのは、もう、身体に染み付いた習性で。



じゅっぷ、じゅっぷという水音が、自分の口元から聞こえているのか、アナルから聞こえてくるのか、その区別も付かなくて
咥えたちんこが少し大人しくなったな…と思った時には、顔に生温い精液が掛けられていた。





posted by 白黒ぼたん at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26910520
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)