2009年04月03日

1日遅れの四月馬鹿

(オマケ話)



抱き締める力は強過ぎず、弱過ぎず。
骨が折れてしまうこともなく、逃げ出してしまうこともなく。
背中から、ぎゅっと抱かれて、耳もとで、ありきたりだけれど
「愛してる」と囁かれて
それだけで達してしまうほど、身体の奥がジンと痺れて。

器用にシャツのボタンを外して、するりと入る指先が、すぐに乳首を探し当てて
何度か擦った後は、親指と人差し指で優しく摘み上げて
こり、こりと転がして、少し引っ張って、また指の腹だけで擦って
その間中もずっと、耳もとでは、何か甘い言葉を囁いてくれて
耳たぶを甘噛みされる頃には、もう、じっとしていることが出来ないくらい、腰がザワついていて。

「…ん?どうした?…イツキ…」
「マサヤ…。いじわるだ。…俺、もう、我慢できないのに…」
「何が我慢できないって?」
「…もう!」

むりやり身体の向きを変えて、やっとお互い向かい合うと
さっきまでの優しい愛撫が嘘みたいに、キスは激しくて
息も出来ないくらい、唇を合わせて、舌を交わらせて、絡め取って
その勢いのまま、抱き締められたまま、ベッドへと連れて行かれた。
マサヤはキスをしたまま、自分の服を脱ぎ始める。露になった素肌に、昔、俺が付けた傷が浮かんで、ドキリとする。
この傷跡が好き、だなんて言ったら、マサヤは…笑うだろうか…。

「…マサヤ…、この傷…」
「うん?」
「俺の、シルシ?」
「…ああ」

そう言って、マサヤはニヤリと笑って、もう一度深いキスをくれた。





(続いてしまうらしい)
posted by 白黒ぼたん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28162594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)