2009年05月02日

痛みと、恐怖と

俺が寝室に入ると、マサヤはベッドの脇に立って、ゆっくりとネクタイを解いている所だった。
明りもついていない薄暗い部屋の中。機嫌が良いのか悪いのか、その表情すら見えない。

「…久しぶり…。マサヤ…。どうしたのかと思った。…全然、連絡、付かないから…」

パタンと後ろ手でドアを閉めて、恐る恐る声を掛ける。
マサヤはシャツのボタンを外して、チラと俺を見て「早く、来い」とだけ言った。
俺がベッドに近寄ると、その手を取って、優しく……とは、程遠く
髪の毛を掴んで、ベッドへと投げつけられる。
倒れ込んだ俺の腹の上にマサヤは跨って、引き千切るように、俺の服を剥いでいった。

まず、頬に平手が一発。
容赦ないマサヤのビンタは、それだけで頭がクラクラして、一瞬で、思考の全部を恐怖の底に叩き落とす。
マサヤが何に不機嫌なのか、思い当たるフシがありすぎて、何から謝って良いのか解らない。
謝ったところで、怒りが収まるとも思えないんだけど。

「…マサヤ…俺…」

口を開いたところで、また一発、殴られる。
それからマサヤは俺のカラダに指先を這わせて、引っ掛かる、胸の突起を爪で摘まんだ。
それは愛撫ではなくて、ただ、邪魔なものを摘み取るだけのようで
俺のカラダには痛みしか残らなくて、思わず、マサヤの手を止めようと、腕を払おうとすると

逆に腕を取られt、ベッドへと押し付けられる。

と、マサヤは…身体を屈めて、今度は俺の乳首に歯を当てて、ギリ…と噛み千切ろうとした。

「…ひっ……痛いっ…痛い、マサヤ…、痛い、痛いっっ」

身体を捩って、脚をバタつかせて、その暴力から逃げようとする。
顔を上げたマサヤの表情からは、何の感情も読み取れなくて、ただただ、怖い。

「…ご…、ごめんなさい。…マサヤ…俺…」

『ちゃんと待ってたんだよ。アンタが部屋に帰ってくるの、待ってたんだよ。
でも、その間に変なビデオ屋に捕まって…。アンタが俺の事、売ったって言うから…俺、解らなくなって…
それで、少し、ここを離れてただけなんだよ。

だって、だって、マサヤ…

連絡、くれないから。俺のこと、放っておくから…』



そう、ちゃんと弁明しようと思ったのに、出来なかった。


マサヤの手が、俺の首に巻きついていて
言葉どころか息すら、吐き出すことが出来なかった。






posted by 白黒ぼたん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28819752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
イツキのおでかけ・6 by はるりん (04/02)
イツキのおでかけ・5 by ぼたん (04/01)
イツキのおでかけ・5 by はるりん (04/01)
おでかけイツキ・3 by ぼたん (03/30)
おでかけイツキ・3 by ひとみん (03/30)
おでかけイツキ・3 by はるりん (03/30)
イツキのおでかけ・1 by ぼたん (03/28)
イツキのおでかけ・1 by はるりん (03/28)
避難 by ぼたん (03/27)
フリ by ぼたん (03/27)